Lightroom Classic CC: 2018年8月アップデート

Lightroom_Classic_CC-2018年8月アップデート-Main

2018年8月22日にLightroom Classic CCのアップデートがあり、バージョンが「Lightroom Classic CC 7.5」となりました。

お持ちのライトルームのバージョンの確認は、メニューの「ヘルプ」>「Adobe Photoshop Lightroom Classic CCについて」を選んでください。以下の画面が現れ、左上にバージョン情報が表示されます。

Lightroomバージョン情報2
この画面で「バージョン7.4」かそれ以前になっていたら、「7.5」にアップデートしておきましょう。

アドビのアプリケーションが全て閉じている状態で、Creative Cloudデスクトップアプリを開き、「Apps」のタブをクリックします。

Lightroom Classic CCの右に「アップデート」ボタンがありますのでそちらをクリックするだけでOKです。
PhotoshopやCamera Rawにも「アップデート」と出ていたら、同時にそれらのアップデートボタンも押して、最新のバージョンに更新しておきましょう。

Creative_Cloud_アップデート画面
 

さて、本題のアップデート内容です。

今回はとても小規模なものですが、2018年6月に発売になったDSC-RX100M6 や同7月発売のDSC-RX100M5Aを購入された方には朗報です。今回のアップデートでRAW画像が読めるようになりました!

新規対応機種を含めたアップデート内容は以下のとおりです:

  1. Windows10のHEICサポート追加
  2. 現像用プリセットやプロファイルをZIPのまま読み込み
  3. ブックモジュールの機能追加
  4. 新しいカメラとレンズのサポート

 

それでは一つずつ解説していきますね。

  1. Windows10のHEICサポート追加

    HEICとはHigh Efficiency Image File Format (ハイ・エフィシエンシー・イメージ・ファイル・フォーマット)で記録された画像ファイルで、アップル社のiOS 11やmac OSのHigh Sierraでサポートされるようになったものです。Lightroom Classic CCでは、2018年の6月アップデートで、「OSがmacOS 10.13以降の場合」のみHEICを読み込めるようになっていたのですが、今回はWindows10もHEIC対応になりました。

  2. 現像用プリセットやプロファイルをZIPのまま読み込み

    サードパーティーが作成した現像用「プリセット」や「プロファイル」を購入し、使用している人も多いと思います。これらプリセットには「①ダウンロードしたファイルをダブルクリックすることで自動的に特定のフォルダーにプリセット/ プロファイルのファイルをコピーしてくれるもの」と、「②圧縮されたプリセット/ プロファイルのファイルを自分で解凍し、特定のフォルダーにコピーや移動しなくてはいけないもの」があります。特に②は、エクスプローラ(MacはFinder)などを使って、以下のフォルダーにファイルをコピー(移動でも可)する必要があるため少々面倒です。

    Windows:
    C:\Users\(ユーザー名)\AppData\Roaming\Adobe\CameraRaw\Settings\

    Mac:
    Macintosh HD/Users/(ユーザー名) /Library/Application Support/Adobe/Camera Raw/Settings/

    今回のアップデートでは、ZIP形式でダウンロードしたプリセットやプロファイルのファイルを、ライトルームから直接読み込むことができるようになりました。

    やり方は以下の3つがあります。

    A. 現像モジュールで、メニューの「ファイル」>「現像プロファイルとプリセットを読み込み」を選択し、ダウンロードしたZIPファイルの場所を指定して読み込む。

    現像プロファイルとプリセットを読み込み
     
    B. 現像モジュール左側の「プリセット」パネルにある「+」アイコンをクリックし、「プリセットを読み込み」を選択。その後はA.同様にダウンロードしたZIPファイルの場所を指定して読み込む。

    現像プリセットを読み込み
     
    C. 現像モジュール右側の「基本補正」パネルにあるブラウザープロファイルアイコンマークをクリックして「プロファイルブラウザー」を表示し、「プロファイルブラウザー」セクションの左上にある「+」アイコンをクリック。「プロファイルを読み込み」を選択して、上記A、B.同様にダウンロードしたZIPファイルの場所を指定して読み込む。

    プロファイルブラウザーからプロファイルを読み込み
     
    この操作を行うと、以下の場所にプリセットやプロファイルが自動的に保存されます。

    Windows:
    C:\Users\(ユーザー名)\AppData\Roaming\Adobe\CameraRaw\ImportSettings\

    Mac:
    Macintosh HD/Users/(ユーザー名) /Library/Application Support/Adobe/Camera Raw/ImportSettings/

    前述の保存場所とは少し違う場所ですが、気にしなくて大丈夫です。

    なお、この方法で読み込めるプリセットやプロファイルは「XMP形式のプリセットやプロファイル」、「DCP(DNG カラー・プロファイル)」、「LCP(レンズコレクション・プロファイル)をZIP形式にしたもののみで、「lrtemplate」をZIP化したものには対応していません。上記の方法でプリセットやプロファイルの読み込みができず、エラーになってしまう際は、このファイル形式が原因であることがありますのでご注意くださいね。

    以前、無料の現像プロファイルを10個作っておきましたので、試しに、以下の現像プロファイルをダウンロードし、読み込んでみてください。
     
    プロファイルのダウンロードはこちら
     

    以下がプロファイルの内容です。

    10_Develop_Profiles
     

    ZIP形式でファイルがダウンロードされますので、上記A、B、Cのいずれかの方法でライトルームに読み込んでみてください。(今回のサンプルは現像プロファイルですが、Bの方法で「プリセット」パネルから読み込みを行っても正しい場所に読み込まれますのでご安心ください。)


    現像モジュールに関する詳しい説明はこちらの記事をお読みください。


  3.  

  4. ブックモジュールの機能追加

    ライトルームのブックモジュールはアメリカの「Blurb(ブラーブ)」というフォトブックサービスと連携しています。ライトルーム上で各ページを編集し、直接オーダーできる、という機能なのですが、今回のアップデートでは、「Blurb」の新しいブックスタイルと用紙タイプがサポートされました。ただ、Blurbは日本語非対応のサイト(及びサービス)で、日本の利用者は限りなくゼロに近いと思いますので、今回の記事では詳細は割愛させていただきますね。

  5.  

  6. 新しいカメラとレンズのサポート

    以下のカメラとレンズが今回新たにサポートされました。
    カメラ

    ・ソニー DSC-RX100M6
    ・ソニー DSC-RX100M5A

    ・レンズ

    ・ニコン AF-S NIKKOR 180-400mm f/4E TC1.4 FL ED VR
    ・ニコン AF-S NIKKOR 180-400mm f/4E TC1.4 FL ED VR + 1.4x
    ・パロット Anafi 23mm F2.4
    ・シグマ 70mm F2.8 DG MACRO A018 Canon用, Nikon用, SIGMA用
    ・シグマ 105mm F1.4 DG HSM A018 Canon用, Nikon用, SIGMA用
    ・ソニー FE 400mm F2.8 GM OSS Sony FE
    ・ソニー FE 400mm F2.8 GM OSS + 1.4X テレコンバーター
    ・ソニー FE 400mm F2.8 GM OSS + 2X テレコンバーター

 
以上が2018年8月のLightroom Classic CCアップデートの内容です。

地味なアップデートですが、ライトルームが少しずつ進化を続けているのは嬉しいことですね。

 
今回の記事はここまでです。

ライトルームの基本から応用まで、効率よくしっかりと学びたいとお考えの方は、是非一度、「マサ・オニカタのライトルーム使い方講座(マンツーマンレッスン)」をご受講ください。

プライベート・レッスンですので、ご自分のペースでしっかりと学んでいただくことができます。

 

レッスン受講をご希望の方はこちらをお読みください

 
「① 新橋駅から徒歩1分の会場」と、「②JR川崎駅から徒歩3分の会場」で開催しています。
③東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県にお住いの場合は出張レッスンも承ります。

「ストアカ」というプラットフォームを介しての開催となります。まずは以下のボタンを押してストアカに登録をお願いします。


ストアカで使える500円クーポンをゲット

(ストアカの登録は無料です)

 
① 新橋駅から徒歩1分の会場での受講をご希望の方は以下の「日程詳細へ」ボタンをクリックして、レッスンの詳細を確認し、お申し込みください。

 

② 川崎駅から徒歩3分の会場での受講をご希望の方は以下の「日程詳細へ」ボタンをクリックして、レッスンの詳細を確認し、お申し込みください。

 
③ 出張レッスンをご希望の場合は、以下のボタンを押してご相談ください。
 

 

ご都合が合わない場合は?

 
受講をご希望の日時に講座の開催予定がない場合は、以下のボタンを押してご相談ください。なるべくご希望に合う時間帯の開催を検討させていただきますので。

 

 
 

レッスン時間延長に関して

 
レッスン時間の延長をご希望の方は前以てお問い合わせください。スケジュールに空きがある場合は、1時間4,000円(税込)で延長受講していただけます。
 

 
 
それでは、お申し込み・お問い合わせをお待ちしております。

ミヤビプロダクション
マサ・オニカタ