最初に受けて欲しいライトルーム「マンツーマン」レッスン

ライトルーム教室-Main
既に多くの方に受講いただいた、「ライトルーム使い方-個別レッスン」ですが、ライトルームを始めてすぐに受講された方の殆どが、「最初に受けて良かった」とおっしゃっています。また、つまずいて、苦労しながら独学でライトルームを使ってきた受講生の方は、異口同音に「もっと早く受講しておけば良かった」とおっしゃいます。私の開催するライトルームレッスンは基本的にマンツーマンレッスンの2時間コースですが、一度、他処でのグループレッスンを受講された事のある方は、「最初からマンツーマンレッスンを受講していれば良かった」とおっしゃいます。

今回の記事は、ライトルームを始めたばかりで壁にぶち当たっている方や、これから始めようと思っている方に、レッスンを受講していただけるようお勧めするものです。

アドビ社のフォトプランでは、ライトルームとフォトショップが使えて月々980円+税という、お手頃な料金なので、近年ライトルームユーザーが急増しているわけですが、実は、ライトルームはとてもとっつきにくいソフトです。(大変なのは最初だけですが。)

まず、「カタログファイル」というものを作ります。そして、カタログファイルと元画像(RAWやJPEGの写真)が常に「紐付いた」状態で使っていく必要があります。「カタログファイル」というのは、カメラメーカーの純正ソフト(例:CanonのDPP、NikonのCapture NX-D等)には存在しないものです。

カタログファイルと元画像
 


カタログファイルの説明はこちらをご覧ください。


カタログファイルを使うと、仮想コピーやコレクション(仮想フォルダーのようなもの)が使え、非常に便利ですし、いちいち元画像(写真)内の情報を読みにいかなくて済むので、動作も速く快適です。一方で、その分、日ごろ、ライトルームを使う際には注意して操作を行う必要があります。


仮想コピーの詳細は以下の記事をお読みください。





 
誤った操作を行った結果、多くのライトルームユーザーが抱えてしまう問題は主に2つあります。

  1. カタログファイルと元画像の紐付けが切れた状態になっている。
  2. 元画像の保存場所がぐちゃぐちゃで、多くの重複ファイルが存在している。

 

上記1.の問題が起きる理由は主に下記の通りです。

ライトルームに元画像を読み込んだ後エクスプローラ(Macの場合はFinder)で:

  • 元画像の保存場所を変更してしまう。
  • 元画像が保存されているフォルダーの名前を変更してしまう。
  • 元画像のファイル名を変更してしまう。

 

こういった行為を行うと、カタログファイルから元画像が見えない状態になり、そうなると、写真を現像することも、書き出すこともできなくなります。早い段階でこれに気付けば、見つからない写真を検索し、再び紐付けを行うことが可能ですが、長い期間、気付かずにライトルームを使い続けると、もはや、各元画像が、どこにあるのかすら、わからなくなってしまいますので、再紐付けも不可能になってしまいます。
 
上記2.は元画像をライトルームに読み込む際に保存場所を誤って指定してしまうケースです。ライトルームで管理する写真は基本的に、「親フォルダー(例:『Photos』などという名前のフォルダー)」>「年フォルダー」>「年月日フォルダー」というフォルダー構造で保存します。

フォルダーの重複なし




 
このように、正しい場所に写真を保存するには、読み込み画面を開き:

  1. 画面左の「ソース」パネルで、正しいソース、つまりメモリーカードを選択する。
  2. 画面上部で「コピー」を選択する。
  3. 画面右の「保存先」パネルで「正しいコピー先(例:Photos)を選択する。

という手順で読み込みます。

※ また、この時、「保存先」パネル内の「整理」欄が「日付」に、そして、「日付形式」欄のプルダウンの、上から二番目の「年/年-月-日」を選んでおくようにします。
下の例では2018 / 2018-02-09 となっています。(読み込みを行う日の日付が表示されます。)

読み込み画面3
読み込み時の日付プルダウン
ところが、良く犯してしまうミスは、③のコピー先で「年」フォルダー(今回の例では「2018」フォルダー)を選んでしまうこと。「2018」フォルダーをコピー先として選択し、画面右下の「読み込み」ボタンを押すと、ライトルームは「Photos」>「2018」>「2018」>「2018-02-09」というふうに、年フォルダーを新たに作ってしまい、結果として、同じ名前の「年」フォルダーが2個存在する状態になってしまうのです。

そして、読み込みが終わり、画面右の「フォルダー」パネルを見ると、意図した場所に写真がコピーされていないので、ユーザーがもう一度読込みを行ってしまったりします。すると、以下のように同じ写真が、異なった場所に複数存在するようになります。

読み込み時に、常に親フォルダー(この例では「Photos」フォルダー)を選んでいればこの問題は起きないのですが、それに気付かずにライトルームを使い続けると写真保存用のフォルダーがあちこちに存在し、写真もダブルや、トリプルに重複して存在する状態になってしまうのです。

フォルダーの重複あり
 
ライトルーム・レッスンで多くの方の使用状況を見てきましたが、実は、これが最も多かった問題です。

こういう問題はなるべく早い段階で潰しておくべきで、それを行わないいと、傷がどんどん深くなっていきます。

こういった理由から、是非、早い段階で「ライトルーム使い方-個別レッスン」を一度受講していただきたいのです。

レッスンの中では、もちろん、写真をきれいに現像する方法などもしっかりカバーさせていただきます。

 

レッスン受講をご希望の方はこちらをお読みください

 
「① 新橋駅から徒歩1分の会場」と、「②JR川崎駅から徒歩3分の会場」で開催しています。
③東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県にお住いの場合は出張レッスンも承ります。

(レッスンは全て、マンツーマンのプライベート講座ですので、ご自分の知識レベルに合わせたペースおよび内容となります。安心してご受講ください。)

「ストアカ」というプラットフォームを介しての開催となります。まずは以下のボタンを押してストアカに登録をお願いします。


ストアカで使える500円クーポンをゲット

(ストアカの登録は無料です)

 
① 新橋駅から徒歩1分の会場での受講をご希望の方は以下の「日程詳細へ」ボタンをクリックして、レッスンの詳細を確認し、お申し込みください。

 

② 川崎駅から徒歩3分の会場での受講をご希望の方は以下の「日程詳細へ」ボタンをクリックして、レッスンの詳細を確認し、お申し込みください。

 
③ 出張レッスンをご希望の場合は、以下のボタンを押してご相談ください。
 

 

ご都合が合わない場合は?

 
受講をご希望の日時に講座の開催予定がない場合は、以下のボタンを押してご相談ください。なるべくご希望に合う時間帯の開催を検討させていただきますので。

 

 
 

レッスン時間延長に関して

 
レッスン時間の延長をご希望の方は前以てお問い合わせください。スケジュールに空きがある場合は、1時間4,000円(税込)で延長受講していただけます。
 

 
 
それでは、お申し込み・お問い合わせをお待ちしております。

ミヤビプロダクション
マサ・オニカタ