ストアカ・ライトルームの使い方 【オンライン】プライベートレッスン:受講の手順や必要なアクセサリ

このページでは、「ライトルームの使い方 【オンライン】プライベートレッスン」をご受講いただく際の手順や、必要なアクセサリ(パソコン周辺機器)等に関して説明しています。

  1. 受講の手順
  2. 必要なアクセサリ (パソコン周辺機器)

 

  1. 受講の手順

    受講前にやっていただくこと

    1-A. Zoomアプリのインストール(必須)

    下記のリンクをクリックします。

    https://zoom.us/download#client_4meeting

    以下の画面が表示されますので、「ミーティング用Zoomクライアント」の「ダウンロード」をクリックし、Zoomのアプリをインストールしてください。

    Zoomダウンロード画面
     
    インストールが終了すると、以下の画面が表示されます。

    Zoom_ミーティングに参加
     
    「X」マーク(Macは )をクリックして、画面を閉じてください。
     
    これでインストールは完了です。
     

    1-B. 音声のテスト

    以下のリンクをクリックすると、「ミーティングテスト」のサイトに繋がり、Zoomに接続した際、ご自分の声が相手に聞こえるか、そして、相手の声がご自分に聞こえるか、の事前テストを行うことができます。
    テストでは、無人のZoom会議に接続され、まずは、ウェブサイトから送られる音声が聞こえるかを確認します。次に、「これはテストです」などと声を出して、それが、相手に聞こえる状態になっているかを確認します。

     
    テスト用ウェブサイトの音声が聞こえない場合、パソコンのスピーカーが「消音(ミュート)」になっていないか、確認してください。

    テストの結果、音声が聞こえない等の問題があった場合は、USBヘッドセットなどのアクセサリ(周辺機器)が必要になってきます。詳細はこちらをクリックしてください。

    音声テストが終了したら、画面の「X」マークをクリックするなどして、「ミーティングから退出」してください。
     

    1-C. サンプル画像のダウンロード(任意)

    当レッスンでは、ご自分で撮影した写真を使ってライトルームの「現像」を学んでいただけます。可能な限りRAWで撮影した写真をご用意ください。また、、ご希望の場合は講師が用意した「サンプル画像」をお使いいただくことも可能です。「サンプル画像」をご希望の方は以下の手順で、受講前にダウンロードをお願いします。

    以下のリンクをクリックし、サンプル画像のZIPファイルをダウンロードしてください。

    https://www.dropbox.com/s/jatokeyoecukcw2/SamplePhotos.zip?dl=0

    ダウンロード後、デスクトップなど、わかりやすい場所に解凍しておいてください。

     

    1-D. レッスン用テキストのダウンロード(任意)

    60分以上のレッスンをご受講の方には、オリジナル・テキストを差し上げています。レッスン開始時刻2時間前までに、講師が「レッスン用テキスト」のダウンロード用リンクをお送りしますので、これをダウンロードし、解凍しておいてください。また、必要に応じて、テキストを印刷してください。(印刷は必須ではありません。)

     

    ミーティングの開始

    (うまく接続できない場合は、講師より受講者の方の携帯電話にお電話し、手順をご説明しますのでご安心ください。)

    講座の受講時刻になったら、講師がメールやメッセンジャーで事前にお送りした「ミーティング開始用URL」をクリックしてください。

    以下の画面が表示される場合は、「Zoomを開く」をクリックしてください。

    Zoomを開きますか
     
    名前を入力してくださいと表示される場合は、ご自分のお名前を入力してください。ニックネームなどをお使いいただいても構いません。

    名前を入力してください
     
    レッスン開始時刻前は、以下の画面が表示されますので、お待ちください。

    Zoom_ホストがこのミーティングを開始するのをお待ちください
     
    レッスン開始時刻になり、講師がセッションを開始すると、以下の画面になり、画面共有や会話ができるようになります。

    Zoom_最初の画面
     
    このウィンドウの右上にある「」をクリックし、画面を拡大化してください。
    Macの場合は画面左上の をクリックして拡大化します。

    画面上でマウスのカーソルを動かすと、操作ボタンが現れます。

    Zoom_最初の画面3_インターフェイスの表示

    ここからは講師の指示どおりに操作を行っていただければOKです。

  2.  

     

  3. 必要なアクセサリ(パソコン周辺機器)

    Zoomを使ったオンライン・レッスンをご受講いただくには、パソコンに「マイク」と「スピーカー」が内蔵されている必要があります。内蔵されていない場合は、外付けのアクセサリを別途ご用意ください。
    また、マイクとスピーカーが内蔵されている場合でも、「ヘッドセット」を使うと会話音声の品質が格段によくなりますので、ご購入をお勧めします(後述)。

    まずは、以下のテストを行い、パソコンの仕様(マイクとスピーカーが内蔵されているか)を確認してください。
     

    音声のテスト

    以下のリンクをクリックすると、「ミーティングテスト」のサイトに繋がり、Zoomに接続した際、ご自分の声が相手に聞こえるか、そして、相手の声がご自分に聞こえるか、の事前テストを行うことができます。
    テストでは、無人のZoom会議に接続され、まずは、ウェブサイトから送られる音声が聞こえるかを確認します。次に、「これはテストです」などと声を出して、それが、相手に聞こえる状態になっているかを確認します。

     
    テスト用ウェブサイトの音声が聞こえない場合、パソコンのスピーカーが「消音(ミュート)」になっていないか、確認してください。

    音声テストが終了したら、画面の「X」マークをクリックするなどして、「ミーティングから退出」してください。
     

    上記の「ミーティングテスト」で音声が聞こえないなどの問題があった場合、別途アクセサリが必要になります。
     

    アクセサリ(パソコン周辺機器)

     
    以下のアクセサリからお選びいただくことをお勧めしています。
    (パソコンにマイクとスピーカーが内蔵されている場合も、以下「2-A」~「2-C」のアクセサリを使うと音声がクリアになり、より快適に会話ができるようになります。)

    また、必要に応じて、「2-D」~「2-H」のアクセサリの購入もご検討ください。

    2-A. USBヘッドセット

    USBでパソコンに繋ぐだけで使用できます。
    パソコン_USBヘッドセット
     

    お勧め製品はこちら

    (以下のページで「全ての出品を見る」ボタンをクリックすると、翌日配送できるショップのページを確認できます。)

     

    2-B. 3.5mmミニプラグ → USB-A 変換コネクター

    マイク付きのヘッドホン(ハンズフリーヘッドホン)で、コードの先が3.5mmミニプラグになっているものをお持ちの方は、以下の変換コネクターを使うと、パソコンに接続できるようになります。
    パソコン_カナル式ヘッドセット_USB_A

    お勧め製品はこちら

     

    2-C. 3.5mmミニプラグ → USB Type-C 変換コネクター

    マイク付きのヘッドホン(ハンズフリーヘッドホン)で、コードの先が3.5mmミニプラグになっているものをお持ちで、パソコンにUSB Type-Cポートが付いている方は、以下の変換コネクターを使うことで、パソコンに接続できるようになります。
    パソコン_カナル式ヘッドセット_USB_Type-C

    お勧め製品はこちら

    2-D. USB Type-C 変換アダプター

    上述の「2-A」~「2-C」には、USB Type-Aという端子が付いています。

    USB Type-A
     
    パソコンにこの端子が付いておらず、USB Type-Cという端子しかない場合は、以下のアダプターをお使いください。
     
    Rampow USB Type C to USB 3.0 変換アダプタ【2個セット】
     

     

    2-E. USBハブ (4ポート+1)

    パソコンのUSBポートの数が少ない場合や、既に数多くのUSB機器を接続している場合は、USBハブをお使いください。

    なお、USBハブには「セルフパワー式」と「バスパワー式」という2種類があります。「バスパワー式」は外付けハードディスクの接続などには適していません。「セルフパワー式」はAC電源から電力が供給されるため、外付けハードディスクなども動作が安定します。

    セルフパワー式USBハブ使用例
     

    「セルフパワー式」のUSBハブは、以下のモデルがお勧めです。(4ポート+1)

     
     

    2-F. USBハブ (7ポート+1)

    パソコンに接続したい機器が数多くあり、上記「2-E」の「4ポート+1」では足りない場合、以下の「7ポート+ 1」というハブをご検討ください。
     

     

    2-G. USB LAN 変換アダプター (USB-A端子)

    パソコンをWi-Fi(無線LAN)でインターネット回線に接続していると、通信速度が遅くなり、会話の音声が途切れたり、画面が固まってしまうことが稀にあります。常に安定した状態でオンライン・レッスンを受講されたい方は、以下のアクセサリを利用し、有線でインターネット回線に接続することをお勧めします。

     

    2-H. USB LAN 変換アダプター (USB Type-C 端子)

    上記「2-G」同様、有線でインターネット回線に接続する際、パソコン側の端子が「USB Type-C」の場合は以下のアクセサリをお買い求めください。
     

 

その他、「ライトルームの使い方 【オンライン】プライベートレッスン」の受講に関するご質問は以下のフォームに記入して、お問い合わせください。
(お問い合わせの際は、「オンライン・レッスン受講に関して」と明記してください。)