数年後に後悔しないために… 広色域モニターのすすめ

数年後に後悔しないために2-Main
今回の記事は、「ライトルームやフォトショップでRAW現像を行うなら、最初から広色域モニターを使いましょう」という内容です。

とても重要な内容なのですが、意外とご存じない方が多いようです。

以下の順番で説明していきますね。

目次

  1. 色域とは
  2. ライトルームやフォトショップの仕様について
  3. なぜ広色域モニターが必要なのか
  4. お勧めの広色域モニター

カラーマネジメントをしっかり理解したい方は、以下の記事もお読みください。


 
それでは早速始めます。

  •  

    1. 色域とは

      「色域」というのは、「色の範囲」を示すもので、画像表示の際、「どれだけ豊かに色を表現できるのか」などを表すために用いられるものです。

      以下のように、馬の蹄(ひづめ)状の概念図と共に表されることが多いのですが、国際的にいくつかの規格が決まっています。
      (蹄の部分が、人間が認識できる色、ということになっています。)

      CIE1931_sRGB_AdobeRGB_ProPhoto_RGB

      sRGB(青い三角形)

      国際電気標準会議 (IEC) が定めた国際標準規格で、一般的なパソコンモニターなどは、この規格に準拠しています。世の中のほとんどのウェブ・コンテンツも、この色域を基準に作られています。

      AdobeRGB (赤い三角形)

      米国のアドビ システムズ社によって提唱された規格で、sRGBよりも緑の方向に広い色域です。最近は、このAdobeRGBを99%カバーしているパソコンモニターなども販売されています。

      ProPhoto RGB (ピンクの三角形)

      米国のコダック社によって提唱された規格で、人間の目が認識できない色まで含んだ、とても広い色域です。ProPhoto RGBの色域を全て表現できるモニターは販売されていません。(「人間の目が見ることのできない色を表現できるモニター」などというものはあり得ませんので。)

      これら国際規格に対して、「個々のデバイス(例:パソコンの液晶モニター)が持つ色域」というものがあります。

      例えば、下図の黄色い三角形はEIZO社のCG2420というカラーマネジメント・モニターの色域です。

      このモニターは大変色域が広く、AdobeRGBと重なり合っている部分(AdobeRGBカバー率と呼びます)が99%あります。また、三角形の面積ではAdobeRGBに勝っており、赤の表現力がとても豊かです。赤の三角形(AdobeRGB)と黄色の三角形(CG2420の色域)の右下の角の位置を比較してみてください。

      CIE1931_CG2420
      一方で、価格の安い外付けモニターや、一般的なノートパソコンのモニターは、sRGBよりも狭い色域のものが殆どです。

      例えば、下図の黒い三角形のような感じ。

      CIE色域図_generic

      一般的に、パソコンメーカーが、モニターの色域の仕様を公表することは少ないのですが、価格の差はこういうところに現れていたりするものなのです。

    2.  

    3. ライトルームやフォトショップの仕様について

      ライトルームの「現像モジュール」や、フォトショップのRAW現像に用いられる「Adobe Camera Raw(以下「ACR」)の色域は、「ProPhoto RGB」です。これは、どういうことかというと、「もし仮にProPhoto RGBの色域を持ったモニターが存在するならば、その全ての色を使ってRAW現像することができる」ということです。

      実際には、上述のとおり、「ProPhoto RGBのモニター」は存在しないわけですが、ライトルームやACRは、お使いのモニターが持つ、全ての色域をフルに使って現像し、色を作り出すことが可能です。例えば、EIZO社のCG2420モニターをお持ちの方の場合、RAW現像の際に上図の黄色い三角形に含まれる、全ての色を作り出すことができるわけです。ProPhoto RGBはCG2420の色域を包含しているわけですので。

      逆に、お持ちのモニターが、一般的なモニターで、色域がとても狭いものである場合、ライトルームやACRは現像の際、その狭い色域の範囲内で色を作ってしまいます。

    4.  

    5. なぜ広色域モニターが必要なのか

      もう既にお気付きの方も多いと思いますが、色域の狭いモニターを使って現像された画像は、広色域のモニターに買い替えたとしても、狭い色域のまま残ります。

      例えば、狭い色域のモニターを使って、ライトルームで現像した結果、以下の斜線の色域を持つ画像(山口県の元乃隅稲成神社です)が完成したとします。

      CIE色域図_Gineric_Monitor

      そして、数年後、広色域のモニター(例:CG2420)に買い替えたとしましょう。

      この時点で、モニターで表示できる色は広がりますが、過去に現像したものは狭い色域のまま残ります。

      CIE色域図_CG2420

      過去の画像の色域を自動的に広げてくれたりはしないのです。

      CIE色域図_過去の現像画像

      色域の狭いモニターを使って、現像した写真が数枚程度しかない場合は、広色域モニターに買い替えた際に、現像しなおす気にもなるでしょうが、数年間かけて、多くの枚数を現像してしまった場合は諦めるしかないですね。

      ですから、なるべく早いタイミングで、広色域モニターに買い替えるべきなのです。
      「レンズは何本も持っているが、パソコンのモニターは安価なものを使っている」という方を時々お見受けしますが、次のレンズに手を出す前に、広色域モニターの購入を是非検討していただきたいと思う次第です。

      写真をプリントする方も、広色域モニターの早期導入を検討するべきだと思います。

      以下の水色の線は、キヤノンのPRO-100Sという染料インクのプリンターを使って、ピクトリコの「ホワイトフィルム」という紙(正確にはフィルム)に印刷する際の色域を表しています。

      CIE色域図_Pictorico_Canon

        

       
      ホワイトフィルムは、とても色の再現性が高く、私もよく使っているのですが、色域の低いモニターで現像し、プリントすると、その実力を引き出すことができないわけです。一方で、CG2420のような広色域モニターを使って写真を現像した場合、その色域(上図 黄色の三角形)は、水色の線にかなり近いため、用紙とプリンターが持つ実力を活かした印刷ができる、というわけです。

    6.  

    7. お勧めの広色域モニター

      少々お高くなってしまいますが、お勧めのモニターは、EIZO社のColorEdge(カラーエッジ)シリーズです。ほとんどのモデルがAdobeRGBカバー率99%を誇り、輝度ムラなども感じない、完成度の高い作りになっています。

      中でも一押しは、「ColorEdge CG2420-Z(キャリブレーションセンサー内蔵)」。

      「EIZOダイレクト」というメーカー直販サイトでしか買えない24インチのモデルで、2019年2月17日の時点で、¥157,464(税込)となっています。(15周年記念セール実施中のようです。)

       
      カラーマネジメント・モニターは、「カラリミター」というセンサーを使ってその色を計測し、自動で色を正しく補正してくれるものが多いのですが、このモデルはセンサーが本体に内蔵されています。例えばタイマーを200時間に設定しておくと、モニター使用時間が200時間に達した際、センサーが現れ、自動でキャリブレーションを行ってくれます。(左上の写真の画面上部、赤くなっている部分がカラリミターです。)

      モニターの解像度は1920×1200ピクセル。CGシリーズの中には解像度が4Kのものもあるのですが、一般的な使用の場合は、この解像度で十分だと思います。(パソコンの仕様が古いと、4Kの場合、ライトルームの動作速度が落ちたりすることもありますし。)

      予算にあまり余裕がない方には、弟分のColorEdge CS2420-Zというモデルをお勧めします。
      こちらも24インチの1920 x 1200 ピクセルですが、センサーは内蔵されておらず、別売りです。

      センサーとセットの商品が、EIZOダイレクトで¥94,320(税込)となっています(2019年6月26日時点)。CG2420と比較すると、若干コントラスト比が劣りますが、許容範囲内だと思います。センサーが外付けなので、定期的に接続し、モニター面にぶら下げてキャリブレーションする必要がありますが、価格はだいぶお安いので魅力的だと思います。

      よろしければ、購入を検討してみてくださいね。

     
    今回の記事はここまでです。
     
     
    カラーマネジメントをしっかり理解し、正しい環境で写真のRAW現像を行いたいとお考えの方は、是非一度、「マサ・オニカタのライトルーム使い方講座(マンツーマンレッスン)」をご受講ください。

    プライベート・レッスンですので、ご自分のペースでしっかりと学んでいただくことができます。

    ライトルーム初心者からプロのカメラマンまで、幅広い層の方々に受講していただき、大変ご満足頂いています。
     

    レッスン受講をご希望の方はこちらをお読みください

     
    「① 新橋駅から徒歩1分の会場」と、「②JR川崎駅から徒歩3分の会場」で開催しています。
    ③東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県にお住いの場合は出張レッスンも承ります。

    「ストアカ」というプラットフォームを介しての開催となります。まずは以下のボタンを押してストアカに登録をお願いします。


    ストアカで使える500円クーポンをゲット

    (ストアカの登録は無料です)

     
    ① 新橋駅から徒歩1分の会場での受講をご希望の方は以下の「日程詳細へ」ボタンをクリックして、レッスンの詳細を確認し、お申し込みください。

     

    ② 川崎駅から徒歩3分の会場での受講をご希望の方は以下の「日程詳細へ」ボタンをクリックして、レッスンの詳細を確認し、お申し込みください。

     
    ③ 出張レッスンをご希望の場合は、以下のボタンを押してご相談ください。
    EIZOのカラーマネジメント・モニターや、以下のプリンターをお使いの場合、キャリブレーションの実行や、各種機器の設定もお手伝いいたします。

    EPSON: SC-PX3V / SC-PX5VII / SC-PX7VII / PX-G930 / EP-10VA / EP-30VA / EP-50V
    CANON: PIXUS PRO-1 / PRO-10S / PRO-100S / PRO-10 / PRO-100 / PRO-1000

     

     

    ご都合が合わない場合は?

     
    受講をご希望の日時に講座の開催予定がない場合は、以下のボタンを押してご相談ください。なるべくご希望に合う時間帯の開催を検討させていただきますので。

     

     
     

    レッスン時間延長に関して

     
    レッスン時間の延長をご希望の方は前以てお問い合わせください。スケジュールに空きがある場合は、1時間4,000円(税込)で延長受講していただけます。
     

     
     
    それでは、お申し込み・お問い合わせをお待ちしております。

    ミヤビプロダクション
    マサ・オニカタ