ライトルームとフォトショップに適したノートパソコンの仕様

公開日:2018年8月19日
最終更新日:2019年8月22日

LRとPSに適したノートパソコンの仕様-Main

今回の記事では、Lightroom Classic CCやPhotoshop CCの使用に適したノートパソコンのスペックに関して解説していきたいと思います。「適した」という表現には色々な解釈があると思いますが、ここでは、「この仕様のパソコンを買っておけば安心です」、という視点で解説したいと思います。あまりスペックの低いパソコンを買ってしまうと、「ライトルームやフォトショップを使うことはできるが、動作が遅くてかなりストレスを感じる」という結果になってしまいますし、逆に、大枚をはたいて極端にハイスペックなパソコンを買っても、3Dゲームや動画編集を行わない限り、その機能は活かされることはなく、お金の無駄遣いとなってしまいます。そんな観点から、ライトルームとフォトショップの使用に「丁度いい」ノートパソコンのスペックについて書いてみますね。


2019年8月22日追記

パソコンは回転が速く、この記事の後半に掲載している「お勧めモデル」も、販売終了となっている場合もありますが、以下の「仕様」に関する情報は今でも有効ですので、是非お役立てくださいね。なお、「お勧めモデル」欄は2019年8月22日に更新しました。


以下、仕様とお勧めについての解説です。

  1. CPU
  2. GPU(グラフィックカード)
  3. メモリ
  4. ドライブ
  5. 液晶パネル
  6. その他
  7. お勧めのモデル



 
それでは、始めます。

1. CPU

ライトルームやフォトショップを快適に使うためには、ある程度の仕様のCPUを選ぶ必要があります。お勧めは以下のとおり:

・Intel 第8世代もしくは第9世代 Core i7 (Core i5でもOK)
・コア数:4 (「4コア」とか「クアッドコア」と呼ばれたりします。)

Intel_8th_generation_cpu
 
Windowsの場合はIntel Core i7-8550Uや Intel Core i5-8250Uプロセッサーがお勧めです。
Macの場合はクアッドコアIntel Core i7 (2.6GHz)かクアッドコアIntel Core i5(2.3GHz)をお勧めします。

なお、最新のプロセッサーにはコア数が「6」のものがありますが、6コアのメリットはあまりないようです。

2. GPU(グラフィックカード)

実はライトルームやフォトショップでは、あまりハイスペックなGPUは必要ありません。上述のインテル・プロセッサーに内蔵されているGPU(インテル® UHD Graphics 620など)で十分です。

3. メモリ

memory_module

8GBで大丈夫ですが、将来のことを考えると16GBにしておいた方が良いかもしれません。

4. ドライブ

内蔵SSDドライブ 256GBかそれ以上
(ハードディスク付きのパソコンは不要です。CドライブがSSDで、「ハードディスク無し」のパソコンを選ぶと、起動やソフトの動作が格段に早く、そして、パソコンが軽くなるため、持ち運びにも便利です。写真は高解像度化が進み、ファイルサイズがとても大きくなってきていますので、外付けのポータブルハードディスクに保存するのがお勧めです。ポータブルハードディスクは小型・軽量ですし、値段もだいぶこなれてきていて、2TBのものが1万円前後で購入できたりしますが、「耐衝撃」と謳われているものにしましょう。なお、ライトルームを使ってしっかり写真管理を行いたい場合は、バックアップ用にもう一台ハードディスクを用意してください。バックアップ用ハードディスクはポータブルでも据え置きタイプでも構いません。)




 

5. ディスプレイ(液晶パネル)

ノートパソコン-ディスプレイサイズ

・携帯性を重視するなら13インチ
・操作性を重視するなら15インチ

13インチの場合、ディスプレイの解像度は1920ピクセル x 1080ピクセルでOKです。15インチも1920ピクセル x 1080ピクセルで構いませんがQHD(2560ピクセル x 1440ピクセル)や4K(3840ピクセル x 2160ピクセル)などだと、なおさら良いでしょう。

ディスプレイの「色域(カラースペース)」も意識したいところです。
自宅でプリントを行い、そのクオリティーに拘りたい方はやはり外付けのモニターを使うことをお勧めします。モニターのサイズは24インチかそれ以上。色域はAdobeRGBカバー率が95%以上のものを選ぶようにしてください。

一方、「印刷はしないし、外付けのモニターも使いたくない」という方は、sRGBのカバー率が95%以上のものを選ぶことをお勧めします。sRGBはAdobeRGBより表示できる色の範囲が狭いのですが、画像を画面に表示する場合はsRGBが「標準規格」となりますので、この色域はなるべくカバーしたいところです。ただ、sRGB比に拘りすぎると、パソコンの選択肢もかなり少なくなってしまいます。残念な事に、sRGBカバー率が公表されていないノートパソコンも数多くあり、その場合、恐らくsRGBカバー率は95%未満だと思って間違いないでしょう。購入候補のパソコンのsRGBカバー率が公表されていない場合は、お店に行って、他のモデルと色を比べてみてください。あまり遜色ないレベルでしたら、sRGBカバー率に関しては妥協しても良いと思います。

ディスプレイに関してもう一点。「IPSパネル」というものがあります。「In Plane Switching」の略で、液晶を見る角度が変わっても、色や明るさがあまり変化しない、というものです。特にノートパソコンの場合は、異なった環境(異なった高さの机)で作業することもあるでしょう。そういうケースを想定すると、IPSパネルもかなり重要ですね。

6. その他

パソコンのモニターで作業する場合も、外付けのモニターを使用する場合も、モニターのキャリブレーションを行うことを強くお勧めします。液晶モニターはメーカーやモデルによって大きく色が異なるものです。場合によってはモデルが一緒でも、個体差があることもあります。また、時間の経過とともに色や明るさが変化します。常に同じ色と明るさを維持するためには、モニターキャリブレーションを定期的に行う必要があるわけですが、お勧めはX-Rite i1 Display Proという商品。プロカメラマンの多くが使っている、とても優れた商品です。

X-Rite i1 Display Pro

 

ライトルームのレッスンの際、生徒さんのモニターキャリブレーションをお手伝いすることがあるのですが、初回のキャリブレーションでは、色が大きく変化するので、みなさん目を丸くされます。

価格は3万円強ですので、パソコンを購入する際は、この商品も予算に含めておくことをお勧めします。

 


以下のセクションは2019年6月20日に追加しました。
 
本格的な外付けモニターをお探しの方は、以下の「ColorEdge CG2420-Z(キャリブレーションセンサー内蔵)」をご検討ください。
 

 
色に徹底的にこだわるプロの写真家や、ハイアマチュアの写真愛好家の多くが使用するカラーマネジメント・モニターです。
発色が素晴らしく、AdobeRGBのカバー率が99%です。モニターの解像度は1920×1200ピクセルで、いわゆる4Kモニターではないのですが、実はあまり4Kのモニターはお勧めしていません。理由は、ライトルームやフォトショップの動作速度が遅くなるため、です。よほどハイ・スペックなパソコンをお持ちでない限り、4Kモニターは不要とお考え下さい。

なお、2019年5月までは、「CG2420」というモデルでしたが、今は「CG2420-Z」になっています。本体はこれまでと全く同じなのですが、「CG2420-Z」ではHDMIケーブルが同梱されるようになりました。


 
上述のパソコンスペックをまとめると、こんな感じになります。


  • CPU 第8世代もしくは第9世代のIntel Core i5 かIntel Core i7
    コア数:4 (クアッドコアとも呼ばれる)
  • GPU 上記CPUに内蔵されているGPUでOK
  • メモリ: 8GB (できれば16GB)
  • ドライブ: 内蔵SSD (256GBかそれ以上)
  • ディスプレイ:
    携帯性重視は13インチ
    操作性重視は15インチ
    sRGBカバー率(95%以上)
    IPSパネル
  • その他:
    – モニターキャリブレーション・デバイス
    (X-Rite i1Display Pro )

    – 耐衝撃仕様のポータブルハードディスク 2TB 以上 1台
    – バックアップ用外付けハードディスク 1台(据え置き型でも可。容量は上記ポータブルハードディスクと同等かそれ以上。)


 

7.お勧めのモデル


(このセクションは2019年8月22日に更新しました。)

Mac:

 
Apple MacBook Pro (15インチ, 第9世代の2.3GHz 8コアIntel Core i9プロセッサ, 512GB) – スペースグレイ
 
15インチのMacBook Proは他のノートパソコンと比べて軽く、携帯性に優れています。
お値段は少し高めですが、型落ちのモデルをアマゾンで買うなどすると、良いと思います。
その際、CPUのコア数は4(クアッドコア)か、それ以上のモデルを選ぶようにしてくださいね。
このモデルはスペック文句なしのスペックです。
 

 
Apple MacBook Pro (13インチ, Touch Bar, 1.4GHzクアッドコアIntel Core i5, 8GB RAM, 256GB) – スペースグレイ

13インチでお買い得のモデルです。第8世代のIntel Core i5搭載。SSDは256GBですが、ライトルームやフォトショップの使用には十分なスペックです。
パソコンをよく持ち歩く方は13インチのこのモデルがお勧めです。
 

 

Windows:

 
ヒューレット・パッカード(HP) ノートパソコン ENVY 13-ah0011TU シルクゴールド 4JA37PA-AAAA

 
上記のMacBook Pro 13インチモデルとスペックがかなり似ています。Intel 第8世代のCore i5搭載。SSDが256GB、メモリも8GBです。私は、通常、デスクトップパソコンを使っていますが、先日、サブ機としてこのモデルを購入してみました。
上述の条件は全て充たしていますが、何よりも、液晶画面がとてもキレイです。そして安価! MacBook Pro13インチより、約40%安いのは魅力的ですね。

パソコンの動きが遅くて困っているWindowsユーザーに、是非お勧めしたい一台です。

 
パソコンは回転が速く、このモデルもすぐに、新機種にとってかわられる可能性がありますが、「販売終了」となっている場合は、以下のサイトで、「ENVY 13インチ」の最新機種を探してみてくださいね。

 
 
 
【Dell】XPS 15 プラチナ(4Kタッチ・大容量メモリー&SSD搭載) XPS 15 プラチナ(4Kタッチ・大容量メモリー&SSD搭載)

これは、クリエイター憧れのノートパソコンです。
スペックも非常に高く、ディスプレイはなんと4Kで、AdobeRGBカバー率100%です!
Adobe LightroomやPhotoshop、更には動画用のPremiere Proなども快適に使えます。
予算に余裕がある方、このモデルにしておけば間違いなし!です。
 


以上がライトルームとフォトショップの使用に適したノートパソコンに関する特集でした。

パソコンは大きな買い物ですので、慎重に選んでくださいね。候補のモデルが絞り込めたら、実際にお店に出向き、キーボードを叩いて打鍵感を確認したり、店員さんに各メーカーのサポート体制などに関して質問してみるようにしてください。
 
なお、ミヤビプロダクションでは、パソコン買い替え時のライトルーム・データ移行をお手伝いしています。カタログや、写真、そしてライトルームの使用環境を正しく、しっかりと引越ししたい方は是非お声がけください。

ライトルーム・データ移行サービスに関する詳細はこちら

 
 
また、ライトルームの基本や応用を効率的に学びたいとお考えの方は、是非一度、「マサ・オニカタのライトルーム使い方講座(マンツーマンレッスン)」をご受講ください。

プライベート・レッスンですので、ご自分のペースでしっかりと学んでいただくことができます。

ご要望に応じて、パソコン選びのアドバイスもさせていただきます。

 

レッスン受講をご希望の方はこちらをお読みください

 
「① 新橋駅から徒歩1分の会場」と、「②JR川崎駅から徒歩3分の会場」で開催しています。
③東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県にお住いの場合は出張レッスンも承ります。

「ストアカ」というプラットフォームを介しての開催となります。まずは以下のボタンを押してストアカに登録をお願いします。


ストアカで使える500円クーポンをゲット

(ストアカの登録は無料です)

 
① 新橋駅から徒歩1分の会場での受講をご希望の方は以下の「日程詳細へ」ボタンをクリックして、レッスンの詳細を確認し、お申し込みください。

 

② 川崎駅から徒歩3分の会場での受講をご希望の方は以下の「日程詳細へ」ボタンをクリックして、レッスンの詳細を確認し、お申し込みください。

 
③ 出張レッスンをご希望の場合は、以下のボタンを押してご相談ください。
 

 

ご都合が合わない場合は?

 
受講をご希望の日時に講座の開催予定がない場合は、以下のボタンを押してご相談ください。なるべくご希望に合う時間帯の開催を検討させていただきますので。

 

 
 

レッスン時間延長に関して

 
レッスン時間の延長をご希望の方は前以てお問い合わせください。スケジュールに空きがある場合は、1時間4,000円(税込)で延長受講していただけます。
 

 
 
それでは、お申し込み・お問い合わせをお待ちしております。

ミヤビプロダクション
マサ・オニカタ