ポートレートの補正方法 (ライトルーム編)

ポートレート補正-Lightroom-Main
今回の記事ではアドビ・ライトルームを使ってポートレート写真の補正を行う方法を解説したいと思います。

同様の補正は、フォトショップ(Adobe Photoshop)を使って行うことも可能です。ライトルームをお持ちでない方はこちらの記事をご覧ください。

 

大まかな流れは以下のとおりとなります。

  1. 補正ブラシを使って肌を滑らかにする。
  2. 補正ブラシを使って目もとがくっきり見せる。
  3. スポット修正ブラシを使い、吹き出物や不要なぶつぶつなどを消去する。



 
それでは、解説を始めます。

1.肌を滑らかに

現像モジュールで右パネル上部(ヒストグラムのすぐ下)にある、「補正ブラシ」をクリックします。

画面右側の「色温度」から「フリンジ軽減」までのスライダーは全て「0」にしてください。

「ブラシ」の欄で「流量」を60に、そして「密度」を80に変更します。

「流量」とはワンクリックした際に出るインクの量です。60に設定し、重ね塗りをすることにより、少しずつ濃く塗ることができます。
「密度」は上限値ですので、設定値以上に濃く塗ることはできない、というものです。

「選択したマスクオーバーレイを表示」にチェックを入れ、顔を塗ります。この時、ブラシの「サイズ」と「ぼかし」は塗る領域に合わせて適宜、値を変更してください。
また、細かい部分を塗る時は画面を拡大して作業してください。

肌修整-Lightroom-Before

以下の部分は避けて塗ってください。
・目
・鼻の穴
・眉毛
・髪の毛
・唇

また、顔の輪郭からはみ出さないよう、注意して塗ってください。

肌修整-Lightroom-塗り
 
塗り終えたら「選択したマスクオーバーレイを表示」のチェックを外し、「明瞭度」のスライダーを大きく左に移動します。補正ができたら完了ボタンを押してください。

肌修整-Lightroom-After
 

肌がスムーズに補正されました。

肌修整-Lightroom-Before-After




 

2.目もとをくっきりと

まずは、目の部分を拡大表示してください。
再び画面上部の「補正ブラシ」を選び、今度は黒目と目の輪郭、そして、まつ毛を塗ります。
前回同様、画面右下の「流量」は60に、そして「密度」を80にしてください。
また、画面右側の「色温度」から「フリンジ軽減」までのスライダーは全て「0」にしてください。

「選択したマスクオーバーレイを表示」にチェックを入れてから塗り始めます。

目もと修整-Lightroom-Before
 
こんなふうに塗ってください。

目もと修整-Lightroom-塗り
 
塗り終えたら、「選択したマスクオーバーレイを表示」のチェックを外し、「明瞭度」のスライダーを大きく右に移動します。

目もと修整-Lightroom-After
 
目もとがくっきりしました。ここで完了ボタンを押します。

肌修整-Lightroom-Before-After-1




 

3.肌のぶつぶつを消去

肌を拡大表示し、細かなぶつぶつ(下図、矢印の部分)を消していきます。(ホクロなど、本人の特徴となるものは消去せず、残しておいてくださいね。)

右パネル上部(ヒストグラムのすぐ下)の「スポット修正」をクリックします。「ブラシ」欄で「修復」を選択し、「不透明度」は「100」に設定してください。ブラシは、消去するものより2割程度大きくし、適度なぼかしを入れておきます。この状態で、画面の該当箇所をクリックして一つずつ消去していきます。

ブツブツ除去-Lightroom
 

不要なぶつぶつなどを全て消去できたら作業は終了ですので「完了」を押してください。

ブツブツ除去-Lightroom-Before-After
 
以上でポートレートの補正は終了です。とても美しく修整できました。

ポートレート補正-Lightroom-Before-After 2
 
 
今回の記事はここまでです。

写真の完成度を高めるためのLightroom機能に興味をお持ちの方、そして、Lightroomを効率よく、しっかりと勉強したいと思っている方は一度、私のライトルーム・レッスンの受講をご検討ください。「ストアカ」というプラットフォームを介して開催しています。
下の「日程詳細へ」ボタンをクリックして、レッスンの詳細をご確認ください。
 

 


 
ストアカの「神奈川県 人気総合ランキング」1位の講座ですのでお申し込みはお早めにお願いします!

2時間の個人レッスンで、基本から応用まで、受講者の方のレベルに合わせて学んでいただけます。
Lightroom初心者の方も大歓迎です! また、ご要望に応じてPhotoshopの使い方やLightroom→Photoshopといったワークフローに関してもお教えいたします。JR川崎駅から徒歩3分の会場での開催がメインになりますが、出張講座も行っていますので、お問い合わせください。
 

 

マサ・オニカタ